読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24歳バンギャルが横尾担になるまで。

初めまして。そうでない方はこんにちは。

1990年3月生まれのきよぺぺと申します。

玉森裕太くんとは同学年で誕生日も近いです。

きよぺぺという名前にした経緯は別の記事に綴ろうかと思ってます(話すと長いので 笑)

 

さて、この何故このブログを立ち上げたのかというと、

元々バンギャだった私がジャニ沼にハマっていく過程を記録しておきたかった為です。

つまり自己満です。

 

 

私は10年程前からL'Arc〜en〜Cielの大ファンで、ライブがあれば可能な限り日本全国どこへでも飛んでます。

台湾公演も行こうとしましたが大学の卒業式と被り、泣く泣く断念…。

次ワールドツアーがあれば恐らく海外まで飛びます。それくらい好きです。

 

そして主にV系を好んで聴いたりライブに行ったりするいわゆるバンギャです。

モッシュ・ヘドバン・ダイブもする野蛮なバンギャが何故 ジャニヲタになったのか…

 

元々ジャニーズは嫌いではありませんでしたが、特に興味もありませんでした。

そんなある日、玉森くんのファンだった大学の友人から

「キスマイのコンサート行かない?」

と誘われました。

 

ジャニーズのコンサートは1度行ってみたいとは思っていたのですが、なかなか一歩を踏み出せずにいました。

 

 

5月2日はX JAPANのhideさんの命日だった為、GW期間中にメモリアルイベントがあるかもしれないからと、一度断ったんです。

 

しかし待てど暮らせとhideさんのイベントの告知は無く、友人からチケットが4枚あるから行こう!と再び誘って頂き、初めてジャニーズのコンサートに行くことになりました。

 

それがキスマイの2013年5月4日Goodいくぜ!Tour@大阪城ホール でした。

 

玉森くんしか分からない&SHE!HER!HER!しか知らない状態でジャニヲタさんにビビりながらコンサートへ。

しかもスタンド前方という割と良い座席。

折角だしと買ったローラー型ペンライトを片手に、無駄にクオリティの高い「玉森」「裕太」2連うちわを持たされしどろもどろ…

ただ、そこで印象に残ったメンバーが2人いました。

 

藤ヶ谷太輔さんと横尾渉さんです。

 

藤ヶ谷さんはとにかく顔が小さくて芸能人オーラが凄い。

写真では全く好みでは無かったのですが生で見るととてもイケメンさんでした。

 

そして横尾さん。

ちょうど私達の席に横尾さんがたくさん来てくれたっていうのも運命だったのか。

細身で長身の黒髪のイケメンさん。

かなりときめきました。かっこいい。

この時の横尾さんの衣装が紫色で、終演後に紫の人がカッコよかった…とボソッと友人達に言った記憶があります。

 

でもガヤさんカッコよかった〜と言った発言を拾われて、きよちんはガヤ担だね と何故かガヤ担に任命されました(笑)

 

そこから意識してキスマイを見るようになり、本当にテレビに沢山出てるんですよね彼ら。

年に1回テレビに出るか出ないかのラルクさんに比べたら凄く恵まれた環境(笑)

 

それに加えて友人宅でDVD鑑賞会をして、メイキングやらオフショットを見ている内にある事に気づきました。

 

 

横尾・藤ヶ谷 一緒にいすぎじゃね???

 

気になってた2人が仲良いことがとても微笑ましくて、わたたい夫婦と呼ばれてる事をそこで知りました。

当時は藤ヶ谷さんがのちに横尾担公式ライバルになるとは知らず…

 

舞祭組として棚ぼたもリリースされCD買うほどでも…と思いながらも

500円盤なら買っても良いかな と気づいたら近くのレコード屋に走っていました。

 

棚ぼたの横尾ソロを聴いて全身に衝撃が走る。

 

「へ…へたくそ…‼︎!」

 

調べると横尾さんは歌が下手、滑舌が悪い、演技が下手、踊りも下手と知り

あんなイケメンがこんなにポンコツだなんて愛しくてしょうがないじゃないか…!とギャップにやられてしまい完全に横尾担になりました。

 

私の場合は急にハマった訳ではなく

初めてのコンサートで横尾渉ウイルスに感染し、半年かけて発病したジワジワ型でした。

好きになる前にコンサート行ってるなんて贅沢なハマり方してますね。

 

 

 

ライブハウスで頭を振っていた人間が、黄色い声を出しながら団扇を振っているだなんて人生は何が起こるかわかりませんね。

人生計画にジャニヲタになる予定なんかなかったのに…

 

横尾渉 恐るべし。